ときどき日記

※東北地方太平洋沖地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈り
申し上げます。また被災地の皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

最近では家づくりの際の話題として免震や耐震の話が多く出ると
思いますが、某掲示板にOMユーザーから書きこみがありました
のでご紹介します。

■某掲示板から抜粋
No.575 by まる 2011-04-02 11:56:51

こんにちは。初めて投稿します。
みなさんの投稿内容をちょっと読むとあまり良いこと書いてない
ようですが、我が家は先日の大地震を経験し、良かったと思うと
ころがあり、ご参考になると思って投稿してみます。

ここは栃木のとある場所で、震度6強を経験しました。
我が家の仕様は地元の工務店で建てているOMソーラのフォルクスです。
もう築15年にはなるでしょうか?
フォルクスが出て1〜2年の頃だったと記憶しています。

自分の周りでは結構な数の被災した戸建てがあり、2割程度の半壊があり、
全壊?なのかすぐに取り壊された家もあるくらいです。
なんらかの地震の被害ということでは6〜7割の家は影響受けていると思われます。

結果からいうと、自分の家は地震によってはなんら問題ありませんでした。
窓、戸、玄関が開かなくなるなどの被害もありませんでした。
一つあるとすれば、隣のマンションの瓦が落ちて屋根に穴が明いたくらいでしょうか(^_^;)

あと良かったのは、地震のあとのことでした。ここらへんも御多分に漏れず、
停電やら節電やらで電気に不自由しましたが、ご存じのように晴れていると
きは夜寝るまで十分な暖房がなされて比較的快適に過ごすことができ、
OMソーラ+フォルクスで建ててよかった〜と心から思えるここ数週間でした。

細かいマイナートラブルなどは15年も住んでいるのでありましたが、
こういった未曾有の災害でその強さが発揮できたのかなと思います。

工務店に聞いても他のOMソーラの家も大きな被害にあった建屋はなかった
とのことでした。 知り合いの家では半壊してしまい、引っ越しの手伝いに
行きましたが、こういうときに安心できる家を選らんで建てておくのが重要だと
つくづく思った次第です。

ただし津波は別で東北の方々にはもう残念ですとしか言いようないですが・・・。
フォルクスは当時大工さんまでも頑丈すぎるってぼやいていたくらいでしたが、
建ててよかったと思える今日このごろです。
まあ値段が高い分は保険と考えれば安いものかもしれませんね。




ときどき日記

1月22日は、OM体感会が行われ、
4組のお客様に参加頂きました。
実際にOMソーラーの家に住んでいるOBさまにも参加いただき
おおいにおしゃべりをし、笑い、食べて盛り上がりました。
写真を撮るのをうっかり忘れて......。
(一緒になって愉しんでしまい仕事を忘れてしまいます。)



参加されたH様から、
おハガキを頂きましたので写真の変わりに載せます。

いつも良いご縁に恵まれて、今年も感謝の一年になりそうです。

ご参加ありがとうございました。

いつでもOM体感されたい方、連絡お待ちしています。
夕方の方がよりおすすめです。

池之上康則





ときどき日記

この秋に初登場したOM新リモコンです。
第一号の鹿児島市内のS様邸の写真です。



タッチパネルになりデザイン性も親しみのあるデザインに一新され、
なんとグッドデザイン賞まで受賞しています。

運転状況も非常に分かりやすく、お客様にも好評でした。

既存のOMお客様における従来式からのグレードアップ工事のお問合せ
を多数頂いております。
通常価格は交換工事込み価格で、198,000円(税込)となりますが、
来年1月末までのご注文に限り弊社では、178,000円(税込)にてご注文を
受け付けることとさせていただきますのでどうぞご検討頂ければ幸いです。





ときどき日記


最近は、補助事業ラッシュです。
住宅エコポイント、太陽光発電補助事業、エコキュート補助事業、
長期優良住宅補助事業とお客様にとっては最高に良い時ですが、
建設会社は申請書作りに追われています。

先導的長期優良住宅事業の200万円補助事業の申請には、
緻密なエネルギー計算が必要となります。

申請後も、提案内容の修正の指示が来たりして提案金額が変わったり、
最終的に補助率が変更になったりと非常に難しく
お客様の予算計画が確定せずに色々と難しい面があります。

そのような意味で非常にハードルが高い補助事業の為に
一般の工務店さんでは扱われない会社が殆どのようなのですが、
(株)大窪篤志建設としては、お客様に少しでも経済的メリットを
還元したいという目的と会社の技術力を高めたいという二つの目的で
果敢にチャレンジしています。

出来る限りのメリットをお客様に提供出来るよう
真摯に取り組んで参りますのでどうぞ宜しくお願い申し上げます。

池之上康則





ときどき日記

地材地建グループと県林業経営者協議会との
連携研修会が行われました。

実際の山林の経営状況や
最近の原木価格についての意見交換

これまで“こだわり”をもつて育林に
取り組んできた木材生産者と
“こだわり”の家づくりを進めている
工務店の木材利用者が、
木材供給の面で連携した取組みが
できないか検討するものです。

工務店でありながら、
製材も行っている自社にしましては
皆さんの意見を聞くことで次へのステップが
見えてくるような感じを受けました。
日々新たな視点で......。







ときどき日記

先日買付けた原木を製材する。

製材機に載せられた丸太は、
両端の年輪と曲がりと割れを見て、
長年の勘と目利きで
最初の鋸を入れる位置を決める。
これを間違うと一枚もいい物が取れなくなることもある。

予想通り美しい木肌が表れた。
“やったー!!”



ときどき日記

曽於市森林組合で定期の競り市があり、
今回は太さ700以上の大物、
4mの杉を2本仕入れました。(写真手前2本です。)
木筋は、いいのですが割いて見るまで素性がわかりません。
節の感じがどうなのか。
製材する時が、緊張する瞬間です。

霧島市福山町の山から切り出されたものです。
じっくり乾燥させて、カウンターなどに使います。






ときどき日記

口蹄疫のボランティア活動が今日でいったん終わりです。

朝5時から2交代制  夜8時までの通行止めの誘導です。
皆さんの協力的な態度に感謝する一方で、
強行突破する心ない方もおられました。

私の実家も、小さい頃は牛や馬を飼っていましたので、
殺処分される家畜や農家の方の心情を考えると
本当に胸が痛みます。

このまま終息してくれる事を願うばかりです。









ときどき日記

新聞記事(^▽^)b
平成22年5月2日付けの新聞記事の「あなたの安心」というタイトル
 『あるご家庭で調査をしたときのこと,リビングは快適なのに 北側の部屋は壁がじっとり。水蒸気が空間の中で均一に広がろうとするのに対して(北側の)空気の方は 温度が低くなるほど 含むことの出来る水蒸気の量が減るためで、余った水蒸気が居場所を求めて壁や窓枠で結露し、布団の間に入り込む。 温度・水分・栄養(壁と家具の間などのほこり)がカビの育つ条件を整える。』・・・・というわけです。



それから・・
 『対策は、 空気を動かすこと。すなわち“換気”。晴れた日には窓を開け、押入れやクロゼットも開放して奥まで通風することが鍵。
除湿機や、扇風機を使うのも、効果が得られる。と書かれていました。

・・・・・・カビ対策はどうされています?
みなさん(^0^)/~~満面の笑顔で〜す。 
冬 温かいのは、当たり前のOMソーラーです。
梅雨の時期のOMへ、おいでください
名づけて OMソーラーハウス「梅雨編」♪
個人的に、梅雨の季節のOMソーラーの働きが、一等好きです。
室内干し用の洗剤も、除湿機も、要りません!そこにお金掛けません。
 コインランドリー?  ノンノンノン(^O^)b
そのわけを 見学会で お確かめください。
ご希望があれば、実際に住んでいる OMソーラーハウスで
じかにご確認ください。
いざ,梅雨!!
先ずは、見学会へ GO!





お待ちしています(^0^)/~~





ときどき日記
OMソーラー九州ブロック会議に行ってきました。
今回、東村住建さんのモデルハウスの見学を当社からは
3名で参加してきました。
同じ鹿児島県内ですが、3時間かかりさすがに遠かったです。

社長さんとお話をして感じたのですが、
家づくりを楽しんでいるというか。
仕事に対する誇り、この仕事が、心底好きなんだなぁ~と
言葉の端々から、伝わってきました。
建物も細かな所まで工夫がされていて、沢山の刺激を
いただきました。
東村住建の社長さん、有難うございました。

池之上恵子